ビデオカメラではなく、自分の目で撮らえた事を 文字で記録しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうなるのでしょうか?
最近はビデオ編集後の商品はDVDでの納品が増えてきています。

そこで、ちょっと気になっていたのが、

次世代DVDプレーヤーが
ソニーの「ブルーレイディスク」と、東芝などの「HD DVD」の2つの規格にわかれ、
またもやビデオデッキが出始めたころと同じ、(VHSとベーター)状態でどっちの規格が
普及するのか様子を伺っているところだったのですが

韓国の家電メーカーのLG電子が
次世代DVDの両規格のソフトを再生できる

 世界初の「スーパーマルチ・ブループレーヤー」

の発売が発表され

また、米映画大手ワーナー・ブラザースが、
両方のプレーヤーに対応した

「トータルHD(高品位)ディスク」

の開発により、どちらの対応プレーヤーでも
映画ソフトなどの再生が可能になるとの事です。

そうなると、どっちもどっちて感じですか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。